出産内祝いに迷ったらここがおすすめ!BEST6

TOP > 出産内祝いのコラム > 相手に喜んでもらえる出産内祝いの選び方

相手に喜んでもらえる出産内祝いの選び方

 お祝いであったりお祝いのお返しである内祝いには一定のルール、マナーがあります。いつまでに贈ったら良いのか、金額はいくらぐらいがいいのかなどがあります。これを無視すると相手に喜んでもらえません。常識がないとして交流を断たれてしまう可能性があるので注意しましょう。出産時におはお祝いをもらいますが、それに対してお返しをするのが出産内祝いになります。他のお祝いと違って、もらってすぐ返す必要はありません。出産後はまずはしばらく入院をしますし、その後に子育てをしないといけません。実家に帰るなどバタバタすることもあります。だいたい1箇月から2箇月以内ぐらいに贈ればいいとされています。産後にすべてを行うのが大変であれば、産前に余裕を見ながら商品選びをしておくと良いかもしれません。

 定番の内祝いとして知られているのが名前や写真の入った贈り物です。贈る側からすると自分の子供ですから非常にかわいいです。お祝いをもらった人にも可愛い姿を見せたい気持ちがあるのでしょう。名前を早く知らせたい気持ちもあります。贈ること自体は問題ありませんが、何にな入れをするかがポイントになります。いわゆる消え物にするとよいとされています。消え物の対象は残り物で、長く使ったり保存するものになります。それらは避けた方がいいと言えます。スイーツなどに名前を入れたり顔写真を入れたりしますが、これらは食べたらなくなるので内祝いとして最適と言えます。マグカップやタオルなどは逆に残り物になり、もらうと困るものの代表になります。祖父母などであれば喜んでくれることはあります。

 スイーツなどでは名入れ商品が知られていますが、食べ物にも名入れのものをもらうと少し抵抗感を持つ人がいます。そのことも考慮して、いろいろな方法で名前や写真を贈るように検討してみましょう。一般的な方法としてはメッセージカードを利用する方法があります。名前とお気に入りの写真などを入れて、さらにメッセージなどを添えると良いでしょう。ただものだけが贈られてくると、形式過ぎてうれしく感じない場合があります。メッセージカードが入っていると、お祝いをもらってうれしい気持ちを返すことができます。困ったときの贈り物としてカタログギフトがあります。気持ちがこもっていないように感じるかもしれませんが、決して悪いアイテムではありません。もらった金額に合わせやすいので、上手く利用すると良いでしょう。