出産内祝いに迷ったらここがおすすめ!BEST6

TOP > 出産内祝いのコラム > 出産内祝いを贈る際のマナーについて

出産内祝いを贈る際のマナーについて

 内祝いは本来は、祝いをいただいたかどうかには関係なく家内でおめでたいことがあった際に、幸せのおすそ分けをするという意味でした。しかし現在では、祝いをいただいたことに対するお返しという認識になっているので、お返しと考えて置いて問題はありません。内祝いの中でも多いものが、出産内祝いではないでしょうか。子供の誕生は大変おめでたいことであり、祝いをいただくことは珍しくはありません。もちろん祝いをいただいたからには、お返しをするのがマナーと言えます。しかし、出産後には何かと忙しくなり出産内祝いを考えたり購入する暇がないというケースが大半なので、子供が生まれる前にある程度、どの人からどの程度の祝いをいただきそうなのかや、めぼしい品物を見つけておくようにしておきましょう。

 出産内祝いは、ただ返せば良いというものではなく、マナーには十分気をつけるようにしておく必要があります。まず第一に頭に置いておかなくてはならないのが、内祝いは祝いでいただいた金額よりも高額になってはいけないという点ではないでしょうか。高額になってしまうと、失礼にあたりマナー違反となるので、半額から三分の一程度にしておきましょう。いただいた金額よりも安すぎるのも失礼ですが、いただいた金額がかなり高額という場合には必ずしも半額から三分の一返さなくてはならないというわけではありません。無理のない範囲内のお返しにしておくべきです。内祝いでは、現金はマナー違反というのはもちろんのこと、金券なども金額がわかり、目上の人に対しては大変失礼にあたるので、気をつけるようにしましょう。

 内祝いは祝いをいただいたらすぐに行う必要があると考えている人もいますが、祝いをいただいた日も浅いうちに出産内祝いをすると、祝いを突き返されたという印象を持つ人もいるので気をつけましょう。それだけではなく、祝いをもらうことを前提に考えて準備していた図々しい人と感じてしまう人も中にはいます。祝いをいただいてから、一ヶ月前後に返すというのが無難なタイミングといえます。直接会って手渡すに越したことはありませんが、出産した後ということもあり、郵送で内祝いを送ってもマナー違反にはなりません。その際には、電話で事前に連絡をして置いたり、メッセージカードや感謝の気持ちを手紙に書いて添えておくと好印象です。内祝いではマナーを守ることが大切になることは間違いないのではないでしょうか。

次の記事へ