出産内祝いに迷ったらここがおすすめ!BEST6

TOP > 出産内祝いのコラム > 出産内祝いを贈るタイミングやマナー

出産内祝いを贈るタイミングやマナー

 子供を授かり無事出産したら、周りから出産祝いをいただくこともあるのではないでしょうか。相手との間柄や関係性、地域の習慣による違いもありますが、出産祝いをいただいら、内祝いとしてお返しをするというのが一般的なマナーです。出産内祝いはたた贈れば良いというものではなく、マナーには十分気をつけるようにしておきましょう。金額や品物などのマナーももちろん大切ですが、いつ贈るのかというタイミングもかなり重要になってきます。出産内祝いは、お宮参りが終わった生後一ヵ月過ぎを目処に贈るようにしておきましょう。出産内祝いは郵送にすることも珍しくはありませんが、近隣に住んでいる人や、会う機会のある場合には、直接手渡しをする方が丁寧であり、好印象を持ってもらうことができるというメリットもあります。

 お宮参りが終わった最後一ヶ月前後が基本のタイミングとはいっても、お宮参りのあとで遅れて出産祝いや誕生祝いをいただくということもあるのではないでしょう。その場合には、すぐに返せば良いというわけではなく、いただいてから一ヶ月以内を目処に内祝いを渡すようにしましょう。あまり早い段階で返しすぎると、相手がお返しを突き返されたという印象を持ってしまったり、お祝いをもらうのを待っていたというイメージを持たれてしまいかねません。予め内祝いの準備はしておくべきですが、準備をしていなかったり予定外の人からお祝いをいただて、なかなか手配ができないということもあるのではないでしょうか。その際には、電話などでお礼の気持ちを伝えると同時に、お返しが遅れるということも伝えましょう。

 複数の人からお祝いをいただいた場合には、育児と並行して内祝いの手配をすることはそう簡単ではありません。準備できた場合でも、お返しを贈り忘れている人はいないかということをしっかりチェックしておく必要があります。贈る人数が増えるとその分ミスも増えるので、リストを作った金額と名前を把握しておきましょう。出産内祝いは直接手渡しできなくても、マナー違反という扱いにはなりません。しかし郵送をする際には、ただ送るだけではなくお祝いをいただいたことへのお礼と、直接渡すことができないことに対するお詫びを伝えるための、手紙やメッセージカードを添えておくようにしましょう。相手が何の内祝いかわからないということにならないためにも、タイミングと手紙やメッセージカードは重要になります。

次の記事へ