出産内祝いに迷ったらここがおすすめ!BEST6

TOP > 出産内祝いのコラム > 出産内祝いの金額やマナーについて

出産内祝いの金額やマナーについて

 内祝いは、本来は祝いをいただいたかどうかには関係なく、幸せのおすそ分けやおめでたいことがあったことを知らせるという意味がありました。しかし現在では、祝いをいただいたことに対するお礼といった意味で考えておいて問題はありません。内祝いとして多いのが、出産内祝いではないでしょうか。祝いをいただいた人にのみ行えば良いので、誰に内祝いを贈れば良いのかで悩む必要はありませんが、ただ贈ればそれで良いというわけではなく、最低限のマナーは理解しておき守るようにしなくてはなりません。その中でも重要になるのが、金額ではないでしょうか。良かれと考えて高額な内祝いをする人もいますが、内祝いは出産祝いでいただいた金額よりも高額になるのは、マナー違反となることは頭に置いておくようにしましょう。

 祝いでいただいた金額の半額程度を返すのが一般的となっていますが、親戚など高額な祝いをいただいた場合には、半額を返すのはかなり負担になってしまいます。その際には、必ずしも半額でなければならないというわけではなく、四分の一など臨機応変に変えて問題はありません。どの場合でも、内祝いで現金は贈らないようにしましょう。金券ならば問題はないのではないかという人もいますが、金券も現金と同様に金額がはっきりとわかるので適しているとは言えません。特に目上の人に対して現金や金券を渡すことは、大変失礼に当たるので、品物で贈るようにしておく必要があります。相手のとの関係性により、贈るべき内祝いには違いがありますが、タイミングや金額といった基本的となるマナーには気をつけましょう。

 出産内祝いの場合には、直接手渡ししなくてはならないというわけではなく、郵送で送っても失礼にはあたりません。その際には、相手の都合の良い日時を聞いておき、受け取ることができるタイミングを狙って送りましょう。もちろん手紙やメッセージカードといったお礼の言葉を添えておくべきです。その際に気をつけなくてはならないのが、お返しという言葉を使わないようにするという点ではないでしょうか。内祝いは本来は、お返しという意味合いのものではないので、お返しという言葉は適しているとはいえません。地域によってしきたりや細かなルールには違いがあるので、よく下調べをしておく必要があります。一般的な常識だけではなく、地域による違いも調べてから送るようにしておくことが大切になってくるのではないでしょうか。

次の記事へ