出産内祝いに迷ったらここがおすすめ!BEST6

TOP > 出産内祝いのコラム > 出産内祝いの選び方とマナーとは

出産内祝いの選び方とマナーとは

 出産し子供が産まれた際に、親戚や友人、両親や兄弟などから出産祝いをいただくことがあるのではないでしょうか。その際には出産内祝いとしてお返しを贈ることになります。出産内祝いにも様々なマナーがありますが、金額と期限を守るようにし、のしもつけて送れば、特にマナー違反となることもなく品物も基本的には相手の好みに合わせて選んでも問題はありません。しかしそうは言っても、いざ内祝いを贈るとなれば相手が何をもらったら嬉しいのかで頭を悩ませることになるのは当然のことではないでしょうか。相手の好みがわかっていたり、欲しいものを聞くことができる間柄でない場合には、相手の家族構成やライフスタイルを考えてから選ぶように手おくことが大切です。無難なもので相手がもらっても困らないものを選びましょう。

 内祝いは、祝いでいただいた金額よりも高額にならないように気をつけるというのは当然のマナーです。それ以外にも現金や金券といった金額がはっきりわかるものも贈るべきではありません。特に相手が目上の人の場合には、マナーには厳しいケースも多く、現金や金券を贈ってしまうと常識がないと思われてしまうことになるので気をつけましょう。相手が欲しいものがどうしてもわからないという場合もあり、その際に役立つとして近年人気を高めているのはカタログギフトです。カタログギフトならば、相手が欲しいものを好きに選ぶことができるので、迷惑になってしまうものを贈だてしまうこともありません。それだけではなく、何が良いかという品物選びの手間も省くことができ、双方にメリットがあるギフトとなります。

 出産内祝いは、いただいてすぐに返すものではなく、一ヶ月前後で送るようにしておきましょう。すぐに送り返してしまうと、祝いを突き返したという意味になりかねません。赤ちゃんが産まれてから、内祝いを選んだり買いに行くことは難しいので妊娠中の間にしっかりと考えておくことも大切です。誰から祝いをいただきそうなのかということや、どの程度の金額の祝いかということは、ある程度イメージすることができるのではないでしょうか。今の時代ならば、直接店頭に購入しに行かなくても、通信販売で出産内祝いを購入し、そのまま郵送で相手のもとに届けてもらえるサービスも充実しています。早い段階からしっかりと準備しておき、相手が喜んでくれる内祝いを考えておくことが大切になるのではないでしょうか。

次の記事へ