出産内祝いに迷ったらここがおすすめ!BEST6

TOP > 出産内祝いのコラム > 出産内祝いの熨斗のマナーについて

出産内祝いの熨斗のマナーについて

 出産祝いをいただいた際には、内祝いをすることになります。本来はお返しという意味ではありませんでしたが、今の時代ではお返しという意味で考えておいて問題はありません。祝いのお返しということもあり、あまり神経質に考えすぎる必要はありませんが、必要最低限のマナーは守るようにしておくべきです。いただいた金額よりも高いものを贈らないということや、いただいたものと同じものは選ばないようにするといった基本的なことから、内祝いを贈るタイミングなど考えなくてはならないことは多々あります。その中の一つであり、忘れてはならないのが熨斗のマナーです。祝い事に熨斗をつけて送ることがマナーとなっているように、祝いのお返しである内祝いにも、もちろん熨斗をつけるようにする必要があります。

 熨斗と一口に行っても様々な種類があり、誰でも良いというわけではありません。まず気をつけなくてはならないのが、水引の違いです。出産内祝いの水引は紅白の蝶結びを選びましょう。蝶結びはほどいて何回でも結び直せることから、何度でもおめでたいことが起きるようにという意味が込められています。熨斗には、赤ちゃんの名前を書きましょう。読みかたが難しい名前の場合には、ふりがなをふるのも気遣いになります。内祝いの熨斗は内熨斗か外熨斗かという明確な決まりがあるわけではありません。しかし内という言葉が使われていることもあり、一般的には内熨斗を選ぶことが多くなっています。内熨斗は包装紙の下につける熨斗のことであり、お祝いの品が入ったボックスに直接、のし紙をつけ、その上から包装紙でくるむという方法になっています。

 郵送で内祝いを贈る場合にも、内熨斗ならば破れたり汚れてしまうという心配がないので適しているというのはもちろんのこと、外で手渡しする場合にも、中味が判らないので相手が持ち帰りやすくなります。内祝いの品物を何にするのかという点では、かなり頭を悩ませることになりますが、どんなに良い品物を選んでいたとしても、熨斗やお礼状が付いていなかったり、忘れた頃にお返しをするなどのマナー違反があるとなれば、相手からは非常識な人だと思われてしまうことになりかねません。中身はもちろん大切ですが、内祝いをしたという形も大切になるので、マナーには十分気をつけなくてはなりません。マナー違反とならないためにも、早い段階から内祝いの準備をしておくことが大切になってくるのではないでしょうか。

次の記事へ